朝からずう~っと雨のこの日、最初のお稽古は松屋町教室で〈個人レッスン〉のHさんから。

濡れても平気なポリの江戸小紋で来て下さいました♪



完璧主義のHさん、今まではオハショリの長さや着物のシワ等にもスゴク敏感でした…。

でも以前一緒に見に行った、明治期の女流日本画展の作者の写真を見て「昔の人って、結構ルーズなんだ…。」と少し着こなしに余裕が出たみたいです。

昔の着物を着ている写真って、ホントにぐずぐずですもんね。

帯の締める位置なんかも、「上すぎるやろっ!」ってツッコミ・ポイントまんちくですもんね。



この日のお稽古内容は、〈オハショリ〉の処理だったのですが…。

お稽古時間、ほとんど四方山話で終わったかも?

おやつを食べたり、着物の本を眺めるのに費やしてしまった。(笑)

あ、ちゃんと「お召しの強撚糸ってなに?」と言うご質問にもお答えしましたよ。

まあ、たまにはこんな日もあって良いと思いますよ。(笑)



一応(笑)オハショリの合わせている部分の、綺麗な処理の仕方もお浚いしました♪



この日は次に心斎橋教室でもお稽古があったので、同じく船場センタービルのちぐささんに行くHさんとタクシーに相乗りして心斎橋に向かいました。

雨の日はタクシー良いですね♪



心斎橋教室では、〈着せ付けレッスン〉のSさんのお稽古です。

前回の〈袋帯〉のお浚いと、オハショリの処理をみっちりお稽古♪

キレイでまっすぐ!のオハショリのつくり方も、じっくりとお浚いです。



綺麗に出来ていますね♪

あとは苦手な裾の決め方ぐらいかな?

もうほとんど、着せ付けはマスターして下さったみたいデスネ♪



この日、何故かお店ではスタッフ皆が甘いもの(ケーキや和菓子)を買い込んできて、おすそ分け攻撃にさらされました。

しかも、3月25日の東京でのコンテスト用の試作品も食べないといけない…。

もう、しばらくは甘いものはいいよう。(泣)

たこ焼きとか、しょっぱいもの食べたい…。