京都の一乗寺の名物書店‘恵文社 一乗寺店’で開催された『安部太一 陶展』に行ってまいりました♪


実は作者の阿部さんとは面識がないのです(笑)が、奥様になる椿野恵理子さんとは彼是もう10年来ぐらいのお付き合いがあります。(長いですよね。)
以前は、何回かうちのお店で個展をしてくださったことも。

毎年出されているカレンダーはファンも多く、今では本も出版されています

今回は旦那様の個展と言うことですが、飾りつけ等は椿野さんがされているそう。
ぽってりと厚みのある作風で、ヨーロッパで日常使いされていそうな素朴な作品です。


今回は大き目の持ち手のないシンプルな白いカップ(少ししのぎが入ってるのかな?)を旦那の分と2つ、いただいて来ました♪
コーヒーをたっぷり飲むのも良いし、もちろん晩酌の焼酎お湯割りでもいけるかと。(笑)

大事にしまいこんでしまうよりも、毎日付き合って育てていきたいと思う。
そんな、〈用の美〉を感じさせる作品展でした。

追伸:恵文社さんでは5月の末から上記の椿野恵理子さんの個展が開催されるそうです。


ライフワークの〈お茶〉を扱った展示だそう。
ご興味のある方は、ぜひ京都まで足を伸ばしてくださいね。

ちなみに叡電のお隣の駅‘元田中’には、京大生御用達のオーガニック系カフェの先駆け‘DiDi’さんがあります。


ランチがすごく美味しいので、こちらも是非どうぞ!
(食いしん坊情報でした。笑)