日曜日、この日もお稽古ギウギウ(くるねこ風。笑)です。



10:00~、来年にご結婚式を控えたTさん。





ひととおり今までの帯結びのお浚いをしましたが、やっぱりお式の話題で盛り上がってしまいます♪

挙式の際に〈黒引き振袖〉ならぬ〈白引き振袖〉に心動かされているご様子。

お写真見せていただいたら、確かに似合ってらっしゃいます♪

身長が丁度アンティークも着こなせるぐらい(155cm前後)なので、あの水色の鶴振袖もお似合いかと思いますよ!



それにしてもレンタルの〈アンティーク振袖〉って、なんであんなに高いんでしょうね?

チャイハナでレンタルしているアンティーク振袖の4~5倍はする。(しかも、うちは当日の出張着付けつきなのに…。)





↑このお振袖、成人式などで貸し出しご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡下さいね♪



11:30~は、先月末からレッスン開始のKさん。

お家でのお浚いでは〈裾除け〉と〈長襦袢の衣紋抜き〉に少し苦戦したそうですが、お教室でもう一度見せていただいて「何故、そうなるのか?」の解明をするとすごく上手に着れる様になってらっしゃいました♪

手の位置、結構重要です!



13:00~は、9月の〈中級コース〉2回目のお稽古。



中級コースは人によって開始時期が違うので、若干〈着せ付け〉のプログラムが違ってきます。

補正をしている方もいれば、名古屋帯を結んでいる方も。

着付けをする方も、される方に「大丈夫、まだ苦しくないよ~。」とか言いながらレッスンしています。

紐の締め具合や衿の合わせ方もそうですが、助け合う姿勢全部が勉強になるな~と思います。



今回のお稽古で可愛かったのが、この半襟。





上に来過ぎると少しザビエルっぽく(宣教師?)なってしまうので、どこで合わせるか皆で相談しましたが「たぶん、これがベストでは?」と思えるのがこの角度。

これで良いのかな?

着付け講師をしていても新しいアイテムがどんどん出て来て、まだまだ分らない事・勉強しないといけない事が多いです…。



15:00~は、お稽古2回目のNさん。

この日は〈長襦袢〉のお浚いと、〈着物の着方〉のお稽古です。





お祖母さまとお母様のお着物がたっぷりあるので、「着こなせるようになりたい!」とNさん。

初めて〈自分で着た〉着物姿、綺麗に着れていると思いますがいかがだったでしょう?

これから毎回キモノを着ていくようになりますので、もっともっと上達します♪

ご自分の着付けでお出かけする日もすぐ近くです。



この日、お稽古が終わった後で出かけた書店でとても可愛いキモノの本を見つけました。





‘着物のやさしいコーディネート帖’



最初は立ち読みですませようと思っていましたが(着物の本は高いですからね。汗)、奥付の衣装提供の欄にフリマでいつもお世話になっている‘きもの なかむら’さんのお名前を見つけましたので購入決定です。

今時のカワイイ着物や帯がたくさん載っていますので、是非お手にとって見てくださいね♪