本日は朝から御縁あって繋がった、とても美しい人の御宅に出張着付けにお伺いしてまいりました。



お身内に西陣の刺繍職人さんがいらっしゃっるとの事で、留袖も袋帯もぎっしりと日本刺繍で埋められております。



ちなみに。

着付け師が一番取り扱いに緊張する帯は〈箔〉と〈刺繍〉ですが、こちらの帯はその両方を兼ね備えております。

更に、いつもと違う関西巻き。

慎重に結ばないと。(笑)



真珠の帯留めも合わせて、とても美しい帯を傷付けないように優しくそっとそっと結びます。



帰宅された後にいただいたメールでは、補整の厚みも考えて「スッキリ!」と美しく仕上げた〈少女の様な胸元〉(これ大事!)が鉄板の様に着崩れなかったそうです。

良かった~♪



最近、着付けをさせていただいた方から帰宅後のメールをいただく事が多くなってきました。

皆さんお出かけで楽しかった事などをお教えくださるので、こちらも何だか嬉しくなってしまいます。

着物でお出かけの際のお役に立てて、本当に嬉しいです。



これからもずっと続けて行ける様に〈選んでいただける着付け師〉を目指して、しっかりと技術を磨いて行こうと思います。