※暑苦しい長文です。申し訳ありません。



先週10/6~8の間、東京・日本橋で開催された〈きものサローネin日本橋2018〉



はじめて実行委員として関わらせていただき、100体コーディネートの監修という大きなお役目を賜りました。



前例など何も分からないなか手探りで進んで参りましたが、こうやって無事に終われましたのもお力を貸してくださった〈着付け師・着付けボランティア〉の皆様のお陰だと本当に感謝しかありません。

またこの様な前例のない企画を許して下さった実行委員会の皆様にも、本当に感謝しいたします。



〈着付けの監修〉という重いお役目をいただきましたが、うちは東京教室もあるとはいえ基盤は未だ関西圏。

個人の小さな教室なので、生徒さんの数もそれほど多くなく。

さてどうしようかと考えたときに閃いたのが、「全国の皆さんに助けを乞う」という今回のやり方でした。



きものサローネという全国的大きなイベントに、遊びに行くだけでなく〈着付けの仕事〉をしてきちんと対価を得る。

この様な図式が出来れば、もっともっと着付け師の皆さんにもイベントを身近に感じて貰えるのではないか?

またクライアントさんにも「着付け師に仕事を頼むと、こんなに美しく着せれるのか!?」と知ってもらいたい。

何より、わたしなら面白がって参加する!という、ちょっと無責任なぐらいの思いからこの企画は始まりました。(笑)



蓋を開けてみると、ありがたいことに募集はすぐに一杯に。

練習会やかなり厳しい縛りのある本番当日でも、皆さん本当に一生懸命頑張ってくださいました。

着付けの角度と�pを規定して決めていたのですが、そこも皆さん本番までにきっちりと仕上げてきて下さいました。



着付けの件数ももっと御依頼を受けれれば皆さんに代金をたくさん御支払できたのに、と不甲斐ない思いでいっぱいだった当日……。

「楽しかった」「勉強になった」「他門の着付け師の友達が出来た」など、沢山の嬉しいお言葉をかけて下さいました。



メールなどで嬉しいお言葉をくださる方もいて、「仕事では泣かない!」と決めてる私ですらホロッとなりそうでした。



今回はパネルがなく名前を貼り出せない会場の方もいらっしゃいましたので、委員会にお願いして掲載可能の確認をとってサローネ公式へサイトへ名前の掲載をさせて戴きました。



7ea5f59e.jpg


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=706922006168323&id=140525559474640



わたしは着物の力を信じます。



着付け師の皆さんの技術や心意気を信じます。

作るかたや売るかたの一生懸命さも、楽しんで着てらっしゃるユーザーさんの事も好きです。

きりっと身を引き締めて着る礼装も大好き。

美しいもの、楽しいこと、優しいひとが好きです。

(一番嫌いなことは、聞いてくれたら耳打ちでお教えします。笑)



着物は楽しいもので、もっと沢山の方に楽しんでいただくに相応しいものだと思っています。

その為に、まだまだヒヨコではありますが自分に何が出来るのか、少しずつですが考えながら進んでいきたいと決めております。



そんな想いの中で、今回御一緒出来た皆様。

着付け師にお仕事を依頼してくださったクライアントの皆様。

本当に本当にありがとうございました!

またお力をお借りしたいことがありましたら、お声をかけさせて戴ければ嬉しいです。

皆さんと一緒に働けて良かった。

本当に本当にありがとうございました。



こころからの感謝をこめて



  『吉澤暁子 きもの着付け教室』

     代表 吉澤暁子 



#きものサローネ

#きものサローネin日本橋

#きもの100体コーディネート